So-net無料ブログ作成
古田敦也 ブログトップ

前略 古田敦也様 [古田敦也]

初めてあなたを見たのは、東京音頭ならぬ、アトムの歌が鳴り響く、
同立戦でのことでした。
私のいたのは母校、同志社側のスタンド。
野球の好きな友人に、プロ入りするかもしれないと教えられました。
ソウル五輪の時には、初めて身近に思える選手であったあなたに、
テレビの前で声援を送りました。

そして、ヤクルト入団。プロ野球を見るようになったのもこの時からです。
以来、16年、ずっとあなたを見続けてきたつもりです。
球場に足を運ぶことの楽しさも、あなたに教えてもらいました。
あなたを通して、スワローズというチームが、選手が大好きになりました。
あなたが始めたブログに、トラバなるものがしたくて始めたブログのお陰で、
今年はたくさんの観戦仲間と出会うことが出来ました。

前置きが長くなりました。
今、私は、あなたの引退を仄めかすような報道に、心を痛めております。
もちろん、いつかその日が来ることは、重々、承知しているつもりです。
でも、それは今じゃない。
今年は、思わぬアクシデントも多く、欠場も続き、
思うような成績が残せていないかもしれない。
それでも試合に出ながら調子を上げていくあなたを頼もしく思っています。
まだまだ、完全燃焼というには早すぎると思います。

昨年は、球界のために奔走され、
多くのプロ野球ファンに、救世主としてのあなたが刻み込まれたことでしょう。
今年も様々な球場で、相手チームのファンからも巻き起こる古田コール。
ありがとうの声に応えるあなたの姿を見るにつけ、
本来のあなたは不本意なはず、と思ってしまうのは穿ちすぎでしょうか。
一野球選手として、ヤクルトの捕手として、
相手チームに嫌がられるくらいの存在であることこそ、
あなたの求める姿なのではないでしょうか。
だからこそ、今はやめて欲しくないのです。
あくまでも現役に拘って、一野球選手として燃え尽きるまで、やめないで欲しい。

一部マスコミでは、プレイングマネージャ―の可能性も取り沙汰されています。
これも、一個人の意見ですが、引き受けて欲しくはありません。
燃え尽きる瞬間までは、一選手の古田敦也でいてもらいたいと思うのです。
できれば、もう一度、選手として優勝の胴上げに加わって欲しい。

そして、もしその日が来たら、潔く諦めます。
数年は、いろんなことをしながら、休養して欲しい。
グランドからあなたの姿が消えることは、この上なく辛いことです。
でも、その休養の間に、多くのことを学んで、吸収して、
更に大きくなって、神宮のグランドに帰って来て下さい。

今はまだ、その時ではないと信じています。
スワローズの優勝を目指して、グランドで暴れ回って下さい。

長々と、勝手なことを申し上げたことを、お許しください。
一ファンの取り越し苦労と、一笑に付して頂けたら、
これ以上の喜びはありません。

末筆ながら、一日も早いご回復と、これからのご活躍を祈っております。


nice!(0)  コメント(30)  トラックバック(17) 
共通テーマ:スポーツ

イメージバトン 古田敦也⇒ [古田敦也]

スワローズは、今日もしぶとく勝利を治め、貯金を増やしつつあります。

オールスター後のすべてのカードで勝ち越しの快挙。

明日からのベイ戦も、勝ち越して全カードクリアと行きましょう。

ブログ仲間のなおさんから、イメージバトンというのが、回ってきました。
お題は「古田 敦也」 うーん、よりにもよって、一番難しいんじゃないの?
あまりにもいろいろあり過ぎて、絞りきれないよ。

最初の出会いは「同立戦」 (同志社 VS 立命館の大学野球,立命側は立同戦というらしい)
我が母校には新島襄の墓参りか、
同立戦の応援に行くと体育の単位が貰えるという、伝統的な噂があります。
そんな訳で、私がはじめてライブで野球観戦したのは、大学野球。
(その頃、古田さんはまだ、入学してませんでしたが。)

で、 「古田 敦也」 ⇒ 「大学野球」・・・じゃ、面白くないでしょ?

ということで、私はあえて 「さんま」 にします。
我が家は、夫婦揃って、大のスワローズファンです。
でも、お互いがファンであることを知ったのは、
一緒に生活を始めてから間もなくのこと。

出会ってから1年、交際を始めてわずか1週間で結婚を決めた私たちは、
お互いの趣味嗜好のことまでは、良く知らないままでした。
感性や価値観、居心地の良さ、
何よりも一緒にいることが、あまりにも自然に感じられて、
大げさに聞こえるでしょうが、前世からの約束のように思えました。
(今でもそう思っている、おめでたい夫婦です。)

・・・・・・で、ある日のこと。
「食事の用意ができたよぉー」と言っても
「うん、」と、カラ返事で、一向に動こうとしない夫。
「もう、冷めちゃうよ。」と、半ばご立腹の私。
その時です。TVから興奮したアナウンサーの声が、
「古田、勝ち越しタイムリー!」と絶叫
『おおぉー!』『やったぁー!』

二人、同時にガッツポーズ

・・・・・・・

『ヤクルトファンなの?』『古田ファンなの?』

その日から、スワローズ応援は共通かつ、最大の趣味になりました。

その記念すべき日の食卓で、冷たくなっていったのは・・・、
さんま でした。

と、いう訳で、私のイメージバトンは
「古田 敦也」 ⇒ 「さんま」 ということで。

このバトン、誰に廻しましょう・・・。
これまた、いろいろ迷うところではありますが、
あえて、男性3名に渡してみましょう。

あつやのぱぱさん

パンちゃん

およよさん

拒否もできるそうですから、お気軽に。



nice!(0)  コメント(18)  トラックバック(10) 
共通テーマ:blog

扁桃腺手術から脱走 [古田敦也]

子供の頃から、ほぼ毎年、春か秋にやってくる、わたしにとっては、年1回の恒行事のようなもの。
自己最高発熱記録は42度、さすがに救急病院へ。
わたしの場合、熱は3日間つづく。その間は何をしても無駄な抵抗って感じで、ひたすら寝てるしかない。
でも、なぜか必ず3日で治る。
最初の段階、食べ物が飲み込みにくくなって「あっ、来るな」と思う。すると、じわじわ熱が上がりだし、関節が痛くなってくる。
あとは寝て待つしかないから、体温計がおもちゃとなる。
「あっ、ちょっと上がった」  子供の頃は、学校も大手をふって(?)休めるし、日ごろうるさい親兄弟も妙にやさしくなるので、
初期段階では熱が上がるのをちょっと楽しみにしてたりする。
でも、3日も寝てれば、待遇も普段に戻ってくるし、本人もさすがに飽きてくる。

あまりに恒例行事化していたので、ある年、「手術をしよう」ということになり、
病院へつれていかれた。で、ものはついでだから「蓄膿の手術もしよう」ということになった。
「わたしの母は、看護婦である」  そこには看護婦を親に持ったことのない人には分からない恐怖がある。
いたいけな小学生に母は、実に具体的に手術の工程を説明してくれた。
「×××××××だから大丈夫なのよ」って、全然大丈夫じゃない。(伏字は怖すぎて書けない)
かくしてわたしは病院を脱走した。

そして現在にいたるも扁桃腺は健在だが、このまま一生付き合うつもりだ。
古田氏の主治医の先生のおっしゃる通り、メスはできるだけ入れないほうが良いよ。
それに、扁桃腺の手術は大人になってからだと大変だって話しだし。


nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(4) 
共通テーマ:スポーツ

出来すぎ、古田のサヨナラホームラン! [古田敦也]

すごすぎる!
今夜の神宮には魔物が住んでいる。

復帰後、初のヒットが 「サヨナラホームラン」 なんて

藤井の好投で7-0の大量リード、このまま楽勝  と思いきや、
                

                               あ り え ね ぇ ~
あっという間に同点に追いつかれ、気を失いそうに・・・

でも なんとか五十嵐が押えて 9回裏
宮出、倒れて   打順は「古田」
2ストライクから

出たぁ 出ました    「ホームラン  」

あぁ~ 頭がクラクラするよぉ~ 今期、何度目のサヨナラだ?
2000本安打達成・・・ありえない珍事で欠場・・・

で、復帰して「サヨナラ」 ・・・ って、劇的すぎる すごすぎる

       古田さん、いったいあなたって何者  

で、試合後、当の本人、最後の打席を前に、なにを考えていたかというと・・・
「宮出、サヨナラ、打ってくれへんかなぁ」だって。

3連勝  今夜もまた、 神宮に傘の花 が咲きましたね。

♪ ハァ~  踊りおどるなあぁら、 チョイト 東京音頭 よいよい ♪


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(3) 
共通テーマ:スポーツ

2000本安打達成のDVD [古田敦也]

徒然なるままに・・・2000本安打達成のDVD編集をしていました。

松山の試合での達成シーンから、当日の全局テレビ生出演インタビュー(NHKを除く)、あの痛みを押してのテレ朝・報道ステーションまで、

「祝・2000本安打達成/古田敦也せんしゅ」

と題して、勝手に編集しました。我が家の永久保存版です。

明日からは、心機一転、連勝を続けてくれることを信じています。ところで、古田さんの復活は10日の日ハム戦からでしょうか?10日は神宮球場に応援に行きます。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ
古田敦也 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。